極彩色

画像


紫外線当てると極彩色くっきり:特殊インキを開発

真っ白な壁紙に肉眼では見えない紫外線を当てると極彩色の写真や絵が浮かび上がる。そんな印刷ができる特殊なインキを、奈良先端科学技術大学院大学の長谷川靖哉(やすちか)准教授(光化学)とセントラルテクノ株式会社(大阪市)の共同研究グループが開発した。一見何も書かれていないように見えるIDカードに情報を浮かび上がらせたり、暗闇の中で輝く幻想的な広告や室内装飾をつくったりできるという。

紫色LED(発光ダイオード)やブラックライトなどで、紫外線を当てると、青色、緑色に輝く無色のインキは開発されているが、赤色は難しかった。今回、赤色に輝く無色のインキが開発できたため、光の3原色がそろい、あらゆる色を出すことができるようになった。紫外線を消せばまた透明にもどる。商品化をめざしている。

紫外線を当てると弱い赤色を発するユーロピウムという希土類元素を、集光能力を持つ有機化合物で囲い込み、発光能力を100倍から1000倍高める分子レベルの操作をし、実現した。ガラスやビニールなどにも印刷できる。透明プラスチックにインキを混ぜ、紫外線を当てると赤く輝く立体もつくることができる。

長谷川准教授は「絵そのものが発光するので、夜景や星空などのイルミネーションは特にきれいに表現できる」と話している。

色々なものに応用できそうですが、皆さんはどんなものに応用したら良いと思いますか?

5分で深い催眠に入れることができる【催眠師養成講習会】我慢しなくても簡単に禁煙することが出来る【禁煙セミナー】を行なっていますので、興味のある方は下記のホームページをご覧下さい。
催眠師養成講習会
http://373enjoy.web.fc2.com/newpage47.html
禁煙セミナー
http://373enjoy.web.fc2.com/kinnen1.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック